Flame Cube アウトドア ストーブ 熱発電 蓄電 USB充電 ファンで送風 超小型 コンロ 強火力 防災

Flame Cubeは、アウトドア用のストーブ・コンロです。

超小型で、10×10×10cm、重さ775g

 FlameCubeは超小型で軽量の折りたたみ式ポケット薪ストーブで、屋外での冒険中に料理、水を沸騰させ、保温するだけでなく、火を魔法のように電気に変えて、緊急時に携帯電話やその他のUSBデバイスを充電することもできます。小さくてパワフルな焚火台。小枝や小さな薪、炭、他のバイオマス燃料などを風防に入れて着火すると、内蔵のモーターによって2つのファンが回り、風を送ります。このファンは3段階に調節でき、火の大きさを変えることが出来ます。風防は五徳にもなっています。この上には鍋ややかん、フライパンを置きますが、その大きさに関係なく載せることが出来ます。1Lの水を約4分で沸騰させます。大きさは、仕舞寸法で10×10×10㎝、重さは775g。かさばりがちな荷物を小さくでき、軽く運ぶことが出来ます。

 FlameCubeの背後にある考え方は非常に単純です。小枝、松ぼっくり、またはその他のバイオマス燃料を使用して火を作ります。 火があれば、内蔵の熱発電機は熱を電気に変えることができます! 次に、電力の一部を使用してファンに電力を供給し、より新鮮な空気を送り込んで火をよりきれいに、より熱くします。一方、電力の大部分はスマホを充電するか、FlameCubeの内蔵リチウムイオン電池に蓄えます。

FlameCubeには、2500mahの充電式リチウム電池が搭載されています。 火が付いていなくても携帯電話を充電するパワーバンクとして機能します。 次に、FlameCubeは熱エネルギーを使用してそれ自体を再充電できます。 統合されたUSBポートを使用して、スマホ、USBLEDライトなどのUSBデバイスに電力を供給することができます。

FlameCubeはセットアップがとても簡単で、ポットスタンドを広げ、青いコントロールモジュールを引き出し、所定の位置にロックするだけで準備が整います。

ストーリー

 FlameCubeのデザイナーであるCuiYu氏は、2015年に、自分で中国全土を自転車で移動する特別な旅に出かけました。9か月以上にわたって、人々が大きな高原のような無人地帯と表現する大部分を13,000マイル以上移動しました。大きな高原、雪国、砂漠、荒野があり、それは本当に素晴らしい旅でした。しかし、彼が通過した地域はほとんど人のいない土地だったので、ほとんどの場合、彼は自分の携帯電話や他のデバイスを充電する手段がありませんでした。思い出に残るシーンをすべて撮影するわけではありません。また、ナビゲーションの力がなくなったときは、緊急時に助けを求めることすらできませんでした。その間、彼はたくさんの物資や備品を運ぶ必要があり、旅はさらに困難でありました。 2016年、Cui Yuは、FlameCubeの計画の立案を開始しました。彼のような冒険家やアウトドアファンのための、軽量のキャンプ用ストーブです。

販売価格 29,800円(消費税込み)送料込み

お買い求めは、楽天市場 https://item.rakuten.co.jp/turtleplanning/compass1629448014/ で。

近日、本HPにても購入できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です